転職先での人間関係 - 転職 求人 情報

転職や就職などに役立つ情報を掲載しているサイトです。

転職先での人間関係

転職先が決まったら考えたいことがあります。転職先には自分より年下の上司がいることや、自分より年上の部下が配属されるといったことは、現代の日本社会ではごく当たり前のことだと割り切った思考で行動することが肝要で、転職後の人間関係で悩まないようにすることが大事です。何事も仕事だということでドライに割り切った考え方でいったほうがいいと思います。 転職の場合には、同期入社の仲間はいませんし、年齢的にも年下の人が先輩になることもありえると覚悟を決めてください。 転職後の人間関係で特に気をつけるべき点は、成果主義や実力主義が浸透しつつある現代では、役員も年齢や性別に関係することなく能力次第で決まるようになってきているということです。 転職の場合、人間関係はゼロからのスタートになりますが、仕事は新入社員のようにゼロからのスタートというわけにはいきません。 転職してきている以上、職歴があるのですから、任された仕事はある程度できて当たり前という見方をされてるのが自然な流れではないでしょうか。 転職後の人間関係では、あなたの対応力、職場への順応力が問われていると意識し、職場の雰囲気が読めるようにすることです。 こういった中で転職後の人間関係を築いていくには、まず仕事をちゃんと手を抜かずにこなすという基本中の基本と、社内の人間関係の噂話の中に不用意に立ち入らないことです。 人間関係とは、転職であれろうと新卒であろうと、他人への思いやりや心配りによって良い人間関係が築かれていくものだと思います。 現在は人材も流動化し、元の職場の人脈を生かした仕事をする方も少なくありません。 人間関係の基本は人対人にありますから、会社同士が敵対関係にあっても個人のレベルではプライベートにおいて友好を保つ人も多くいると思います。 転職した本人のキャリアにとっても人脈は大きな助けになり、自分の情報の入り口を増やす事になっていきます。 関係を断絶するよりも、今まで築き上げた人脈や信用は一つの財産ともなるわけですから、季節ごとの挨拶状を出すなど、関係はなるべく保つ努力はした方が良いと思います。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:転職後のトラブルの対処
次の記事:医師の転職
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職 求人 情報 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。