経理の転職は - 転職 求人 情報

転職や就職などに役立つ情報を掲載しているサイトです。

経理の転職は

経理の転職で30歳以降の転職で意識したいのは、10年後に大企業、新興市場企業や上場予定企業、中堅非上場企業、外資系企業のいずれの経理部門で活躍していたいかということです。30代では、その布石となる企業選びが重要です。それぞれ磨けるスキルや企業文化が異なるため、40歳以降に再び転職を考えた場合、この枠を超えるのは容易ではなく、やり直しが難しくなります。 少なくとも3年以上は勤務する覚悟で企業を選ぶようにします。20代ではポテンシャルを重視する傾向が強く、異なるカテゴリーの企業への転職のチャンスも多くあります。やり直しがききやすい年代ではありますが、安易な転職は禁物です。 30歳代後半の経理の転職はこれまでの経理の実務経験をベースに飛躍的に経理のキャリアを伸ばしていく貴重な時期です。将来、どのようなマネジメント職に就くかがこの時期に決まると言っても過言ではありません。30歳代前半の経理の転職は向こう5年間は、実務的に最も有意義な経験や経理ノウハウを得ることのできる時期です。 経理・財務の中途採用では経験重視が基本であり、勤続年数が短ければ一般的に評価は下がって、その先の展開が厳しくなります。5〜10年後、更に転職をする場合には、一般的には30歳代後半から40歳代前半で得た経理の業務経験やマネジメント経験にピンポイントで当てはまる職務への転職になります。 経理に限らず、転職を考えるには年代とキャリアの積上げが前提になります。20歳代後半の経理の転職は選択肢が多く様々なチャンスのある年代です。選考では、基礎的なビジネス スキル、経理知識と経理実務経験が問われます。簿記2級以上を取得しておくと書類選考の段階で有利になるでしょう。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:30代の転職状況
次の記事:金融業界の転職
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職 求人 情報 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。