外資系企業への転職 - 転職 求人 情報

転職や就職などに役立つ情報を掲載しているサイトです。

外資系企業への転職

外資系企業への転職は公募という形で必ずしも転職希望者を募るのではなく、人づての紹介が多かったり、水面下でのヘッドハンティングを介してといった手法のほうが一般的なようです。 外資系企業への転職の場合、経験者採用がほとんどとなりますから、書類選考の基準がきわめて高く、あなたの経験を明確に外資系企業側へ伝えることが最重要となります。 外資系企業への転職は公募という形で必ずしも転職希望者を募るのではなく、人づての紹介が多かったり、水面下でのヘッドハンティングを介してといった手法のほうが一般的なようです。 とにかく自分の専門技能はなにか、ということをしっかりと見極めて、その分野での転職を考える必要があると思います。それはなぜかというと、一度入社すると、部門間での移動はきわめて例が少ないのが外資系企業の通例だからです。 あなたがどの業界、職種のどういった面でのプロフェッショナルなのかを書類上で明確にアピールすることがポイントになります。 日本語の場合、履歴書と職務経歴書をそろえて、英語の場合は履歴書と職務経歴書をミックスした書類が求められます。外資系企業と海外勤務との間にはほとんど関係がありません。むしろ外資系企業の場合、海外より、日本法人での就職が多いので、日本の会社の国際部門より、海外勤務の頻度は下がるといえるかもしれません。 外資系企業の採用基準を、次のように整理しました。 1.日本語・英語両方の職務経歴書の準備が必要。 2.経験者採用が多く、詳細な経験・スキル情報が求められる 3.他業界に比べ、書類選考の基準が極めて高い。 このようになります。職務経歴書の準備についてですが、外資系企業への応募には通常、日本語、英語、両方の職務経歴書の提出が求められます。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職 求人 情報 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。