不動産関連の転職状況 - 転職 求人 情報

転職や就職などに役立つ情報を掲載しているサイトです。

不動産関連の転職状況

不動産ファンド分野の転職では、プロパティマネージャーは採用されやすいようです。不動産ファンド分野でも採用を手控える企業が増えていますが、アセットマネジャーの求人にも採用を控えるところが増加しています。 不動産転職関連の転職状況を見ていると営業職は、経験者採用にシフトされつつあるようです。営業の求人数はあまり変わっていませんが、内容には変化が見られます。未経験者を受け入れる求人の割合が減り、経験者を対象とするものが目立ってきています。 一方、プロパティマネージャーの求人は、十分とはいえないものの、まだ続いています。設計・施工管理・不動産管理などの経験者は、その分野への転職のチャンスがあります。既存の建築物・施設の価値を高めていくのが仕事ですから、今後もニーズがなくなることはないと思います。 求人数が比較的多いのは、新築分譲マンションや建材関連で、土地活用分野でも一定数の求人があるようです。不動産仲介分野では、法人向け・個人向けともに求人数は横ばいです。個人向け仲介経験者は、宅建・関連法規・財務などを学ぶことで、法人向け営業への転職ができる可能性があると思われます。 本当に求められる人材の求人情報はそうたやすくは得られないので、地道な情報収集と転職活動が成否を分けると思います。転職求人情報ですが募集されている案件を希望の条件でクリック一つで探せる世の中になり、便利な世の中になってはいますが、一口に言ってもその形は様々なものがあります。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職 求人 情報 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。