旅行業界の転職事情 - 転職 求人 情報

転職や就職などに役立つ情報を掲載しているサイトです。

旅行業界の転職事情

旅行業界は価格破壊やコストダウンへの意識が各方面で進む中、特に老舗の旅行業者にとってかなりの逆風が吹いているこの現状からどうやって新たなニーズを掘り起こすのかが課題とされています。 旅行業の転職について、国土交通省によると、平成16年度の旅行業総取扱額で調べた限り、国内旅行、海外旅行、外国人客による旅行を合わせて約5兆6520億円でした。 総合旅行業務取扱管理者という資格は、旅行業関係の会社に転職したい人には欠かせない有利な国家資格となっています。一営業所に一人以上は、国内または総合旅行業務取扱管理者を置かなければならないと定められています。 業務範囲は、総合旅行業務取扱管理者と国内旅行業務管理者とに分けられます。海外・国内の旅行業務を取扱旅行業者、旅行業代理業者に必要で、国内・海外旅行の両方を扱えることになっています。旅行業転職を考えている方にとってはぜひともほしい資格と思われます。 この資格は、受験資格の制限はなく、だれでも受験できます。国内は9月、総合は10月に試験が実施されるため、同じ年に両方を受験する人も少なくないようです。 根強い需要のある旅行業界とはいえ、このままの状況では大手といえども需要を維持していくことは難しいのではないかと思われるのが現状と言えます。 平成15年度からの反動もあって徐々に売上を回復させているとはいえ、平成12年度以前の水準までは届いていません。さかのぼってみると、米同時爆破テロの影響で数字を大きく落とした平成13年度と、イラク戦争やSARS(重症急性呼吸器症候群)の影響がまだ続いているようです。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職 求人 情報 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。