転職市場、平成21年4月を底に緩やかに改善の兆し - 転職 求人 情報

転職や就職などに役立つ情報を掲載しているサイトです。

転職市場、平成21年4月を底に緩やかに改善の兆し

少し明るい兆しが見え始めてきたのでしょうか?求人のニーズが若干ではありますが増え始めているようです。

 2009年12月の転職求人倍率は0.86倍となり、9月以降、3カ月連続の上昇となった。

 転職求人倍率09年4月の0.68倍を底にゆるやかな改善が続いており、転職希望者にとって最悪期は脱したようだ。
 
 人材サービス会社のインテリジェンスが運営する転職サイトDODAが09年12月の転職求人倍率を発表した。求人数増加の内訳を見ると、大手・有名企業の求人ばかりではなく、中堅・中小企業の求人も増えている。

全業種で前月比プラス

 12月の業種別の転職求人倍率を見ると、「メディカル」が2.96倍と最も高く、次いで「IT/通信/インターネット」(1.05倍)、「金融」(0.88倍)と続く。

 「メディカル」業界は10年前後に大型医薬品の特許が一斉に切れる、いわゆる「2010年問題」などを背景として、求人倍率が高い状態が続いている。

 「IT/通信/インターネット」は、09年6月以来の1倍を上回る数値となった。

 また12月は、全業種で前月を上回り、特に、「商社/流通」は6カ月連続、「小売/外食」は5カ月連続など、継続的な改善傾向をみせる業種も増えている。

 DODAキャリアコンサルタント大浦征也氏は次のようにコメントしている。
 
 「転職希望者の動向としては、リーマン・ショック以降から09年夏にかけて一気に求職者が増加した“混乱期”を経て、現在は落ち着きをみせている。09年末、政府より発表された経済成長戦略の中で『20年までに医療・介護分野で約280万人、環境・エネルギー分野で約140万人、観光分野で約56万人の新規雇用を生み出す』という目標が明示されている。10年は、これらの分野で採用ニーズがより一層高まるものと見られており、動向が注目される」。

以上のように転職を求める人にとって好材料が揃いつつあります。だからといって安心は禁物です。いつも以上に自分に磨きをかけて転職に臨みましょう。

引用:http://www.toyokeizai.net/business/management_business/detail/AC/58802b83a99902871040d2747de1db93/
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:昨今の転職事情
次の記事:転職先はどこがいい
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職 求人 情報 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。