転職 手続のいろいろ - 転職 求人 情報

転職や就職などに役立つ情報を掲載しているサイトです。

転職 手続のいろいろ

転職を決断して実際に転職することになった場合の転職の手続についてご説明したいと思います。 転職の手続をするということは、当然ながら、まず今現在働いている会社を退職するところから始まります。 退職後の色々な手続きには期限が定められており、それを過ぎると受けられる権利を失ってしまうことがありますので注意が必要かと思います。 退職後、健康保険の被保険者資格を失ってからも、原則2年間は引き続いて個人で加入できるという制度が「任意継続」ですが、こうした制度を知らなかったとか、ついうっかりしていて使えなくなるのはもったいないことではないでしょうか。 このような知識不足と間違いを防ぐためにも、転職を決めて退職してからではなく、退職の前から、必要な手続きと書類を合わせて解りやすくチェック表などに詳細に書き出しておく必要があると思います。 面倒がらずにやっておくことをお勧めします。 まず、いままで在籍した会社に離職票-1と離職票-2と雇用保険被保険者証を請求するなりして受け取ります。 日本は国民皆保険の制度がありますから、国民健康保険などの、いずれかの健康保険に加入することになっています。 ケガや病気はいつ起きるかわかりませんので、会社を辞めたら、まず最初にこの健康保険の手続きをしておきましょう。 また、転職の手続きで、例えばハローワークにて手続きが終わった場合には、失業認定を受けなければなりません。 4週に1度、ハローワークの指定する認定日に失業の認定を受けるようになります。 年金に対しても転職の際には手続が必要になります。 将来のための年金には20歳以上65歳未満の人であれば、加入義務があります。 年金には、(1)自営の方や学生等、国民年金だけに加入する第1号被保険者(2)国民年金と会社員対象の「厚生年金」、公務員等対象の「共済年金」に加入する第2号被保険者(3)第2号被保険者の配偶者である第3号被保険者の種類があります。 種類を変更するには手続きが必要です。 このように転職に伴う手続は保険を中心としていろいろありますので、冷静に怠りなく進めて下さい。 転職先が決まったら健康診断書の提出という仕事も待っています。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職 求人 情報 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。